So-net無料ブログ作成

ゴールデンウィーク・正月は出さないのか? [P店]

P店には目標があります。その目標とは企業なので

営業利益を上げる という一言に尽きます。

営業利益を上げる為には、売上向上もしくは利益率を上げることが必要になります。ここまでは企業であれば業種関係なく同じです。P店の場合には、お金の勝ち負けをを扱う為、異なる点が存在しています。それは①例え勝ったとしてもトータルでは負けてしまう人が大半であるということ。②勝つスキルを身につけている人をトータルで負けさせることは難しい。

②勝つスキルを負けさせるには、全台回収するしかありません。こうすると回収率が高くなってしまい、ぼったくり店という評価が付けられ、急激な客数減少に繋がります。

①例え勝ったとしてもトータルでは負けてしまう人が大半である、その為、勝ってもらいたいのは稼働が低い時でも長時間打ってもらえる人ということになります。

ではゴールデンウィークに打つのはどういったお客様なのかということですが、帰省客等の一時的なユーザーが多数含まれています、その為、勝ったとしてもGW明けには別の生活圏でP店に行くのです。土日と客数的には同じくらいですが打っている人の属性が違う為、出るということはしづらい環境が整っています。また、競合しているP店との相対的な環境で営業してますので全体が締めている時は締めるのが鉄則です。違う行動をとることは差が発生しており、その分のハンデ(リスク)を背負うことになります。

こういった理由から、GW&正月は出ることは少ないのです、素直に旅行等で過ごすのが無難ですね。やるなら、GW明けのポイント点からになります。次回はなぜ一部が良いではなく全台が良い時があるのか?で書きたいと思います。

パチンコ・スロットで勝つためにどうすれば良いのか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

もうすぐゴールデンウィーク!母の日です。 [P店]

もうすぐ大連休のゴールデンウィークです、近くのP店では集客目的のリニューアルオープン&リフレッシュオープン等はないでしょうか?
果たして行くべきなのか?ということですが、

行くべきだと思います、P店には決められているべきではないですが、暗黙の回収時期があります。回収時期に回収しなければ回収したP店に比べ不利な立場となってしまいます。

これは囚人のジレンマで有名なゲーム理論でそうなってしまいます、他と違う選択肢・出す選択肢をするとのちのゲームで不利な状況に陥ってしまう。

ゴールデンウィークに回収するということは前後が多少甘くなる可能性が高くなります、出すと一言でいったとしても、相対的に出す(店側の出す)と絶対的に出す(お客様視点)があります。

相対的に出すというのは、他店と比較して出すことで他の店に行くよりは自店の方が回収率が低いですといったレベルです。絶対的に出すというのは回る・段階が高い等お客様が勝てるレベルになります。

求めている放出を探す時、今回ゴールデンウィークの直前いうことで業界全体での時期的に甘めの調整になっています。その中で相対的に出している店を探せば、お客様視点での出すに近い良い台に巡り合えること間違いなしです。妥協は禁物です。

探すポイントとしては、店の最大出力が高いお店を選ぶということ。1日でも赤字営業をするような破壊力の高いP店は勝率アップします。ゴールデンウィーク・正月等の連休期間にきつめの営業をするお店も狙い目です。多めにとることで前後に積極的に使うお店です、前後に狙いましょう。

フラットなチェーン店などは、ゴールデンウィーク期間中などは安心して打てますね。
もうすぐ母の日なので贈り物を送るのも吉です。次回はゴールデンウィーク・正月は出さないのか?について書きます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

終焉を迎えつつある・・・ [P店]

終焉、嫌な響きです。勝ちづらい時代になってきました・・・。
稼働・利益目標が存在している話を書きましたが、お店には稼働ロス・利益ロスという考え方があります。

≪①稼働ロス≫
稼働があるはずなのに出率が低い(P回らない・S段階が低い)為に稼働しない

≪②利益ロス≫
利益が見込めるのに出率が高い(P回る・S段階が高い)為に利益が取れない

①と②が拮抗する交差地点を店は各機種で探しています。
イベント全盛期の時は、①と②の使い分けができておりイベントコーナー②、他は①みたいな感じの営業でした。今現在では、②の考え方は無くなりつつあり、遊技をするのだから利益はあるのが当たり前と考え①が主流になっています(取りすぎないけど取り続けていく)。

実際に実感はあるでしょうか?機種別収支を取っている方は実感しているのではないでしょうか?
自身は依然ジャグラー(アイムジャグラーEX)で安定して勝ててたように思います。現在ではジャグラー系が増台して良い台を座りやすくなっていますが、勝ちづらくなっています。

それはなぜか・・・?平均設定が下がっているから。

なぜわかるのかというと・・・S全体での利益金額は増台前と同じ。
以前は台数が少なかった為

ジャグラーは②利益ロスしてでも稼働させる。他は①とできたが、全体での利益が同じでジャグラー比率が増えると利益ロスが許されない現状がある為、出率の高い台はおけない⇒でも、大当たり回数が多い・確率の甘い台を作りたい⇒設置台数を増やす

という一連の流れができているのです、確率の甘い台を優先して打ってくれるので1/130程度であれば、そこそこの出率でできてしまうのです。

実際に理解する為には、機種別収支を付ける・・・おすすめはk-naviです。日々つければ、どの台に座っても103%の出率も出せないことに気づくと思います。




別の視点から確認する方法としては、全体確率を見るということ。30台設置であれば、全台をみて合成確率やREG確率を推測してみる。そうすれば、無いことに気づくかと思います。

あと自身も登録してましたが、サイトセブンも有効です。機種別合成確率もでるので夕方以降に打つ場合は見てみると出している日かわかりやすいです。台数80台ぐらいあるのに平均確率が1/160とかも平気であります。Pではなんとなくの千円回転数もスランプグラフから算出できます。



登録している企業の中には、REG回数非表示・合成確率非表示とかもあります。企業の姿勢から特定の人に勝たせたくないのが見え隠れしてますね。

こんなホール身近に無いですか?Sの遊技台データ表示機にスランプグラフがない(特定の場所に行かないと見えない)・札で箱(出玉)が見づらい・Sコーナーが暗い・箱にメダルが入っているかわかりづらい、こういったホールでは出す気が無いと考えられます。(スランプグラフを見る、そういう詳しい人には来てほしくないのだと思いますが・・・)

お客様の為に…というならSコーナーは各台でスランプグラフは見えるようにするべきですよね。
(そういう店はハイエナ対策もあるので要注意する必要があります。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

勝率を上げる・・・期待値を積んでいく [P店]

勝率を上げ、期待値を積んでいく。PSをする上で目標とする理想的な勝ちがあります。
正しいようにも見えますが、実際は勝つためには期待値を積み上げるしかありません。
勝ち金額を増やすのであれば、時給が低くても長時間遊技をする・・・。パチプロ等であれば、日当15000円ぐらいはいるかと思いますが、下回る時でも打つしかありません。
自身はプロではないし、時給も高くありません。
勝ち総額を増やす為に低い時給でも打つしかありません、悲しい限りですが・・・。

タイプ別の求めるべきこととは、

≪勝ち金額を増やしたい≫
期待値プラスの台を長時間打つ
○マイナス期待値を長時間打つと最悪なので確信がある台を打つしかありません。
(パチンコ中心でボーダー以上の立ち回り)

≪時給&勝率重視≫
リセット、ハイエナ、新台等で攻める
○低設定の打ちかえ等しかないので、セオリー通り止める

複合的にやっている方は多いかと思いますが、SだけPだけという方は両方覚えた方が良いかと思います。
自身は、リセット⇒ハイエナ無ければ、パチンコに流れます。

覚えていた方が良い理由とは・・・
PS合わせてのパチンコ店である為、会社の事情が関係してきます。
PSが良く出ることがあるのですが、オーナー(社長)により事情が異なってきます。
PS両方で赤字になると怒られてしまう(直電がくる)とか・・・、
こういうお店ではPが出る時はSがでません。Sが出る時はPがでません。
PSどちらも単体で赤字になるとダメとか・・・
系列ごとにルールがあるので意識するのも大切で、わかっていれば不必要な時に打つ必要がなくなります。
また、パチンコの特定コーナーを強化しているのにスロットを打っているとかも減ります。

店選びも大事ですが、曜日・機種・新台初日等で変わり、P全体・S全体・お店全体での回収利益の目標等もありますので意識すれば何か発見に繋がるかもしれません。
その為にも、Sだけの方もPの中央幅の大きさを見ることはおすすめです。

それでは、良きパチライフを・・・。次回はパチンコをする時は耕す派・焼畑農業?で書きたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

回転数が同じで真ん中が開いていると閉じている何が違うの? [P店]

パチンコ店で遊技する際、いろいろな理由で店を選択することでしょう。
同じ機種なのに、A店とB店では真ん中の大きさが違うと感じることはないでしょうか?
でも、実際打ってみると同じくらいしか回らない・・・。

パチンコ台で決まっていることとは・・・
例)
①0確率           1/300
②出玉            約6000玉
③確変・時短の玉減り(100発あたり)   90
④ボーダーライン(250玉)       18(①・②・③で決まる)

①は固定ですが、②③は微妙に変更することができます。その為機種により、④は大体にたりよったりの数字になります。では真ん中が違うことはどう違うのか?

【A】真ん中が小さいとスランプが小さい

左風車上からが安定して真ん中に来ており、最後の振り分けで数値を決める。

左風車から中央へ 60%
中央から真ん中  10%
スランプ    : 17~19

真ん中での玉入り方は震えて良くはじく為、回っていないイメージがあります。

【B】真ん中が大きいとスランプが大きい

左風車から中央へ 30%
中央から真ん中へ 20%
スランプ     :16~20

真ん中での玉入り方はスムーズで良く入っているイメージを持ちます。

A・Bともに見た目上と玉はいり方だけではありません、大きな違いはスランプの違いです。

スランプが大きいと良く回ると感じる時と回らない差が大きい為、少し回っても注意が必要です。
小さいと安定しますが、見た目上変化がわかりにくい。

A(幅12.30~13.5)
メリット
技術介入度が高い
打ち方で大きく回転数を変化させることができる
(ストローク等で保留オーバーしやすいので、止め打ち等が有効)
見た目がわかりやすい
デメリット
平均回転数が低めになりやすい

B(11.8~12.2)
メリット
回転数の安定度が高い
デメリット
変更される幅が小さく、数値が変わる為変更しない
打たないとわからない

AとBを比べるとやはりA店の方が若い客の好む要素が高いのでA店は客層が若くなります。

A店の方が技術介入度が高く、ユーザーからはAしかないと思うかも知れませんが
ただA店のデメリットとはP店の結果から幅を変更していくことで大きな違いとなっていきます。
平均の幅が大きいということは、高め着地もしやすく。その度に回りを落とすので結果的に回りづらい環境になりやすい。

では、良きパチライフを・・・。        

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

中央が開いてても回らない [P店]

パチンコの話しですが、中央が他店より大きく見えるのに回らないといった経験はないでしょうか?
これは、店が意図していることです。開いていると錯覚させ、打ってもらおうというアピールです。

店の手順としては、

①中央がある程度の大きさ
②回ると寄り(風車付近)を閉める
③中央を少し大きくする

あとは①⇒②⇒③⇒②⇒③と②③の繰り返しです。中央が大きくなっているのでよく回る瞬間がありそうに思いますが、
実際には開ける時は小さく、寄りを継続して悪くするのでよく回る時はありません。

こういったお店では、中央に到達する玉が少ない為、少し開いたぐらいでは回りません。
基本は同じ方針なので全台が寄りが悪くなっていきます。

次回は回転数が同じで真ん中が開いていると閉じている何が違うの?書こうと思います。

>>>ハイエナ攻略でバジリスク‐絆‐(4/14更新)<<<
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

機種ごとに還元率(出玉率)の違う理由とは? [P店]

パチンコ店にも飲食店同様に店長という職務が存在し、月間の目標設定がされています。

飲食店では①売り上げ②営業利益といったものでしょうか?
パチンコ店では①稼働②営業利益となっています。

≪稼働≫
パチンコでは1台当たりの打った玉数・スロットでは回した数×3
≪営業利益≫
原価・経費を差し引いた会社に上納できるお金

営業利益=売上(お客様が使用した総額)-原価(出した総額)ー機械費(遊技台費用)-諸経費(人件費・光熱費等)

パチンコ業界で評価を上げる為には①②を上げていくことが求められます。
(ただ②を達成できない場合は左遷候補です)

②を達成することが保身に繋がり、会社での立場を維持する為に必要ですので、飲食店の場合には売上が上がらなければ利益をあげることができません。
しかし、パチンコ店では原価(出した総額)を減らす(出玉率を下げる)ことで利益を上げようとするのです。
会社員ですので仕方ないところですが、ユーザーからするとたまったものではありません。

①稼働を上げようと考えた時、
長期期間使用できる可能性の高い機種(次回出ることが確定されいる機種・ジャグラー等)を優先的に利益率を抑えます。撤去・減台候補である機種は、逆に利益率を上げていきます。

こういったことで営業している為、理不尽に回らない状態が存在したり設定が悪かったりするのです。
より良く遊技する為には、この辺を理解した上で、立ちまわることが必要になります、決して好きだからといって誰も打っていない遊技台を打つととんでもない目にあってしまいます。

次回は同じボーダー以下でも設定②ではなく、設定①を使っている理由を書きたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

パチンコ・スロットで勝つためにどうすれば良いのか? [P店]

パチンコで負けている人は多いかと思います。
依存症の業界ですので、負けても行ってしまいます。
自分も依存症になると思います。
(生活のお金に影響が出ていない為、問題ありませんが)
負けて当然の産業ですから、負けて当たり前です。

ただより良く遊ぶと考えた時、勝つ知識を入れることと
ある程度・勝つ行動することが必要不可欠となります。
めんどくさいことですが、しなくてはいけません。

なぜ遊ぶだけなのに必要なのでしょうか?答えは平等ではないからです。

宝くじのように完全な運だけで作用する分野であればする必要はありません。

ただ、パチンコ・スロットは知識・行動で運以外の
部分で差がついてしまいます。知らないと大きく負けてしまうからです。

実際、店舗勤務時に朝一にジャグラーの設定変更を見抜く為に指紋まで見てました。
(その為、手袋をはめて設定変更する羽目に…)

昨年・今年は収支はどのくらいですか?と質問した時、
答えられるでしょうか?

なんとなくの数字しか言えないと思います。
正確な数字が言える方はセミプロ以上で+収支かと思います。

今回の目的は、現在年100万負けている場合、年20万になればと思い書いています。
こういった改善することも資産形成の上で大変重要です。

実際100万負け⇒20万負けにする方法とは

①打つ時間を5分の1に減らす。

②同じ時間を打ち80万の収支をとんとんにする。

①②で収支は同じ年‐20万ですが感覚的な違いがあります。
それは勝つことが多くなり勝率アップ、収支改善ということです。

①は答えではなく単なる対処方法なので②について書きます。

1.打つ機種の詳細情報を把握する。
2.感覚・運を頼りとするのではなく、情報・データを重視する。
3.振り返りデータ分析する。

足元をみてみるでも書きましたが、3.振り返るという作業が重要になります。
自身は当然付けており、年間・機種・月間・ホール別で収支入力して、時給換算もできています。慣れるまではめんどくさいかもしれませんが、やる必要性は高いです。

2015年 1391時間
2016年  442時間

実際に年1400時間近く打っていますが全機種を平均的に打っているわけではなく、偏った機種を打っています。
なぜかというと収支(時給)が高い為です。

運だよねと片付けられそうですが、実際は違います。
ホール・機種ごと還元率が決められていますが、
その中には勝ちやすい機種・負けやすい機種が存在します。

営業日でも還元率が違う為、次回の立ち回りに生かせます。
(月末が厳しい・実際に7のつく日なのに負けている等)

収支管理票はいろいろあるとおもいますが、
自身が無料で収支管理しているのがk-navi 、情報収集(有料)も大事ですが振り返ることも大事です。
店・機種・日で還元率が違う為、何かを発見できれば大きく収支が変わります。
(時給が低い店は還元率が低い可能性が高いです)

収支が悪い人は自身を把握するためにも、早く収支をつけ始めることが重要です。
(無料登録後、アプリからの入力で入力が楽になります。)


次回、機種ごとに還元率が違う理由?を書きたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

つ…ぶれないワケ [P店]

近くのパチンコ店でつぶれたお店はあるでしょうか?

全国各地に点在していますが、パチンコ店は、倒産しづらい産業です。

なぜか?…というと利益率!

一般的に物の値段は決まっています、
時間消費型の産業では…

漫画喫茶…
映画館…

等が考えられます。1時間・1作品で金額が決められています。

ではパチンコ店はというと…
1時間?なのです、

使う金額は上限1玉4円(税抜)&1枚20円(税抜)と定められており

使う金額・1時間
パチンコ 20000円
スロット  20000円 

ぐらい使ってしまいます、お金が無いと当たらず終了…。
1時間で預かる?金額は決まっています、返す金額はというと…
利益率が店により異なる為、お客の数が少ないお店だとさらに利益率UP!しています。

【利益=売上(お客の使った金額)-原価(出玉分の金額)-機械費(新台入替の費用)】

上記の関係で成立している産業ですので、原価&機械費を小さくすることで、
皆様が思っている以上に利益を上げることができるのです。

最近、ブームが来てた1円パチンコ&5円スロットも同じです。
利益率を上げ、機械費を抑えることで利益を上げています。

他業種に比べ初期費用は大きいですが、利益を上げ続けれる産業です。

次回は利益率に関して、書こうと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: