So-net無料ブログ作成

こだわる理由(クロス取引②) [株投資法]

株式には優待と配当利回りがあります、

優待利回り=配当利回りだった場合、得られるお金の違いをご存知でしょうか?

配当で貰う場合は、配当金ー税金(20.315%)
優待の場合はそのまま、同じ金額だった時は税金の分だけ違いがでます。

例)配当と優待2000円である時

配当 1593円
優待 2000円

しかも、クロス取引で経費が譲渡益に換算される為、

クロス取引で優待2000円を経費2000円で取得したと考えると
年間譲渡益がある場合は

優待2000円をもらえると同時に
経費2000円が譲渡益に換算される為、還付金407円戻ってきます。

このように考えると年間利益が出ている場合は積極的にクロス取引をすることで税金を減らし利益を増やす事ができます。



>>>クロス取引は実際何の為にするのか?(クロス取引③)<<<
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。